パーマから「カール」への意識改革

私達は今まで「パーマをかける」という言葉を自然に、当たり前のように使ってきたわよね。
その結果として
私達美容師はパーマを「かけるもの」と思い込んできました。
矢印

お客様からすると「パーマをかけること」で手入れがしやすく、思うようなカールやボリューム感を出せるメリットがあると私たちは信じてきたけど…
矢印
お客様により満足していただくためには、私達美容師は「パーマをかける」から「カールを作る」へと意識を大きく変えていく必要があります。「カールを作る」という意識改革は、パーマ液に頼ってきた発想から、髪を巻く「ロッド」にも問題意識を持つということがとても重要になります。

満足してもらえる「カール」とは

パーマ液の種類とロッドの仕様によるカールの変化

パーマ液について

パーマ液は医薬部外品ですので、厚生省の規制を強く受けている商品です。
現在まで多くのメーカーにより非常に多くの商品を開発していただきましたが、どんな高品質のパーマ液であっても「パーマをかけるため」の薬液であって、お客様が私達に求めている「手入れのしやすいきれいなカール」には成り得ません。

じゃあ、「手入れのしやすいきれいなカール」を作るためには何をすればいいの?
矢印
ロッド(髪を巻きつける道具)と、私達の技術が、とても重要なファクターです。
一見当たり前に見えて、実は一番重要なことだよね。
どうして早く気づかなかったんだろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。