ブローの基礎を学ぼう!④

ハンドブローの仕方

パーマ液を洗い流したらタオルドライを良くしてください。そしてドライヤーは弱熱風を使い、ネープからできあがったカールを確かめながらソフトにパー・グーで、または毛束をつまみあげて乾かしてください。
ハンドブローの仕方
ソフトにデザインしながらドライしていくと、ある程度までスタイルは仕上がってくると思います。この時点でお客様に自分でも簡単に再現できることを教えてあげてください。安心感と信頼感が生まれると思います。
ハンドブローの仕方
カールを延ばす箇所やボリュームアップしたい所の毛束をつまみあげ、ドライヤーの弱熱風を当てながら仕上げていきます。
これらのことをお客様に伝えることができれば、お客様もパーマの必要性に気付いてくれるはずです。そして私達美容師は「パーマをかける」から「パーマでヘアをデザインする」ことを心掛けたいですね!

おもしろいことを教えてあげようか?
なになに?教えて!

完全に乾いてブローし終わったスタイルを・・・

  1. リバースに仕上げた髪をフォワードにデンマンブラシ等でとかし直してみてください。きっと簡単に方向が変わると思います。
  2. フォワードに流していた髪であれば、リバースへブラシだけでチェンジして、次はリバースに指で形付けてください。きっとリバースのスタイルにもなると思いますよ!
  3. ふくらみのあるスタイルに仕上がっているスタイルを、ブラシと手の平を使ってタイトにしてみてください。タイトなスタイルになりますよ!またボリュームを戻すときは、指でパー・グーしていくと、ふくらみが再現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。