イマドキメイクのはなし

昨年に引き続きマスクメイクが流行りそうな2021年ですね。

ほんっと!もうマスクは飽き飽きよ!お化粧がすぐ落ちちゃったりするし。

その通りですね。でももう少しの我慢です!前回の記事でも言った通り、保湿はしっかりと続けてくださいね。

ところで最近男性もメイクを始めるようになったのは知っていますか?

もちろん!男の人も悩みは尽きないよね〜。

実際「メンズメイクについてどう思うか」という質問を男女801名(男性:307名、女性:494名)を対象にしたところ、

女性の82%、男性の85%がアリと答えた調査結果も出ています。

参考記事:https://www.mens-star.com/mens-makeup-questionnaire.html

男だから、女だから、なんて今の時代にはそぐわないですよね。

女性は顔のベースをより引き立たせるメイク、という印象ですが、男性は、肌の悩みや欠点をカバーするメイクなんですよ。

テレビに出ている芸能人や俳優さんもしっかりテレビ映えするようなメイクを施しています。

へえ〜、そうだったんだ!例えばどんな?

じゃあさっそく解説していきますね!

男女の肌質の違い

男性の肌質と女性の肌質は全く違います。

乾燥肌で皮脂の分泌が多く、キメが荒いのが男性には多いです。また、男性はカミソリで髭を剃る方も多いので、必然的に肌が荒れてしまいます。

カミソリは肌のうるおいに大切な成分も一緒に剥ぎ取ってしまいますから。(もちろん女性もNGですよ!)

ギクっ!

あ、さてはりーちゃん、カミソリ使ってますか?ダメですよ~!今は修復できても、歳をとるとこわ~いことになりますよ。

お、脅かさないでよね!

いえいえ、本当の話ですからね?さあ、元気出して、メインの話に移りましょう。まずはベースメイクからですよ~。

BBクリーム

女性は肌の赤みを消したり、しみくすみを消すために使いますよね。男性の主な用途はひげのそり後(青ひげ)を隠すため。もちろん目立たない人もいると思いますが、するのとしないのとでは大違いです。紫外線をカットしてくれたり、美容成分も含まれているので、今後の肌環境にも影響していきます。

コンシーラーだけで隠せるのかと思ってた!確かに、UVカットがあるからBBクリーム
使ってる話はよくあるよね。

女性のものだと思ったら、意外とそうでもないんですよね。

タッチアップレクチャー
  • 顔に塗る量に個人差はありますが、パール一粒を目安にしましょう。一円玉の半分くらい。
  • 気になるところにぽんぽんとつけていきます。口元、目の下、頬の部分はマストです。
  • 顔の中心から外に広げるのを意識してください。優しく広げるのを意識してください。

コンシーラー

先ほど話題に上がったコンシーラーですが、これはニキビ跡を隠すのに使いましょう。スティック状のものを使うと細かいところまでケアできるのでおすすめです。

ひとことメモ
コンシーラーの色は、自分の肌より暗いものを選びましょう。
一部しか塗らないので、明るい色を選ぶとそこだけ目立ってしまいます。

アイブロウ

男性は女性より眉毛がしっかりしてるイメージだけど?やっぱりしなくちゃいけない?

やっぱり女性と同じで眉毛を描かないとぼやけてしまいますからね。髪の毛を染めた時に同じような色味に合わせることもできます。

タッチアップレクチャー
ブラシは眉毛の生え方に合わせた作りになっていますので、使い方自体はとってもかんたん。
だけど注意しないといけないのは、液の量です。
ベタ塗りの勢いでやっちゃうと、地肌について大変なことになってしまいます!
眉毛にべったりついてカピカピに。

確かに、これは経験あるわ…。お出かけ前にささっと塗ってどうしようもなくなっちゃったもん。

眉毛は人の印象を左右しますからね!気をつけないといけませんね…。

まとめ

さあ、かんたんにメンズメイクについて説明してきましたがいかがでしたか?

女性と同じ道具を使いますが、目立たせるメイクではなく、目立たせないメイクでしたよね。今やメンズメイクは当たり前の時代です。明日から今の自分にもっと自信が持てるかもしれませんよ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。