美容師の成長プログラム

美容師が活躍できるための黄金ステップね!私もしっかり学ばないと!

美容師として成長していくためのステップがあります。「基礎力」「基本技術」「応用技術」「基礎体力」の4つを、野球選手を例にとって実際にみてみましょう!

基礎力〜基礎の習得〜

美容師
・自分のベストポジションに素早く動ける。
・スピーディーに作業ができるよう体に叩き込む。
・あし→腰→肘→手首→手 
 の順番に体の使い方を意識する
野球選手
・小・中学生の時から徹底的に基礎を叩き込むのは当たり前。
 体の正面でとる→構える→早く投げる
接客をする上で必要なこと
・挨拶ができる。(お礼ももちろん)
・身嗜みが整っている。(見た目はその人の印象を左右します)
・姿勢がいい。
・笑顔を絶やさない。
・好き嫌いをなくす。(自分の好き嫌いで対応を変えない)

基本技術〜プレイヤーとしての条件〜

接客においても基本事項はあるわよね。当たり前のことをバカにせずちゃんとやる!これは大事ね。次は技術面をみていくわよ!

美容師
・基礎が体に染み込んで入れば、基本技術の習得は簡単で早くなる。
・人間力を培う。

私が体に染み込むって…と思ったあなた、まずは「技術をより早くマスターできる方法」を読んでみましょう。何かヒントがあるかもしれませんよ。

野球選手
・チームが勝つために、協力ができること。
・エラーをしないこと。
・ヒットを打つこと。
・ファインプレーやホームランを狙わず、堅実なプレーを徹底。
接客をする上で必要なこと
・お客様の話をよく聞く。
・お客様の希望に応えられる。
・お客様中心主義に撤し、言い訳をしない。

応用技術〜プレイヤーとしての高付加価値〜

美容師
・お客様のニーズを引き出し、キレイになるためのサポートをする。
・お客様からの評価を得られるプレーヤーである。
野球選手
・基本技術の徹底ができた選手の中でファインプレーが生まれるようになる。
・ホームランを打てる選手が誕生する。
ここで思いつく選手はイチロー選手や松坂投手、松井選手かな?みんな世界で活躍する人ばかりだ!

接客をする上で必要なこと
・お客様の希望を聞いた上での提案ができる。
・カットで来店された方に、パーマ・カラー・トリートメントなどその他の付加価値を自然につけることができる。
・相手の気持ちを察することができ、失言はない。

コーチング力〜指導者としての基礎力〜

美容師
・日々飽きることなく基礎・基本を教育していける信念を持っている。
・使いやすいアシスタントではなく、基礎力を持ったアシスタントを育てることができる。
野球選手
・基礎の大切さが分かり、自分を犠牲にできる。
接客をする上で必要なこと
・常にお客様、後輩から信頼されること。

まとめ

有能な人こそ目線がお客様や新人など、相手に向かっていますね。逆に新米こそ常に上を見ること、基礎をバカにしないことが大切です。この違いを念頭に、お客様のキレイをサポートできるようがんばっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。