あなたの髪、大丈夫?ヘアケアのはなし

前回に引き続きなによう、やたら脅かしてくるじゃない!

りーちゃん、落ち着いて!脅かしてなんかいませんよ。いつまでも美しいヘアを保って欲しいからこそ、この記事を読んで欲しいのです。

じゃあまずはとってもデリケートな髪のお話から。

髪にかかる負担

毛髪は死んだ細胞からできているので、皮膚のような自然な治癒力がありません。ですので、一度傷んでしまった髪の毛は、決して、元に戻ったりしません。

待って!じゃあ、枝毛になったりパサパサになったりするのは、もう戻せないってこと?

そうなんです。だからこそりーちゃんにはしっかりとヘアケアをしてもらいたいのです。さっき言ったように、枝毛や切れ毛はその部分を切ることで対処できます。パサつきやざらつきのある髪の毛は、保護効果のあるスタイリング剤やトリートメントで対応可能。パサつきを防ぐためには、以下のような洗い方が効果的ですよ。

  1. シャンプーをするときは、髪じゃなくて地肌を洗う感覚で!
  2. コンディショナーは、中間から毛先につけましょう。
  3. お湯は38度〜40度を目安に。優しくすすぎましょう。

ドライヤーの当て方ひとつ、アイロンひとつでも全く効果が変わってきます。

  1. ドライヤーの温風は上から下に。
  2. 頭皮から根本の流れを意識して温風を当てましょう。
  3. ある程度乾いたら冷風に切り替えを。

髪の毛がパサつくのは、キューティクルの開きっぱなしが原因です。さらにお風呂上がりはキューティクルが上から下に向かって開いているので、それを閉じることを意識しながらドライヤーを当てましょう。そして冷風に切り替えて、しっかり閉じる。これで完璧です。また、アイロンは必ず、髪の毛が乾いている状態で行ってくださいね。

そ、そうなのね…。ドライヤーひとつにしてもこれだけステップがあるなんて知らなかったわ、今度から気をつけないと!

その気にする心が大切なのです。だからりーちゃんは大丈夫。さあ、気を取り直して次にいきましょう!

髪の毛に大切に美容成分

先ほど、ダメージを受けた髪の毛は戻らないと言いましたが、これは栄養不足が原因だったりするのです。頭皮に行き渡らせるための栄養が不足していると、髪の毛自体が細くなったり、抜け落ちたりしてしまいます。裏を返せば、これから生えてくる髪の毛にはまだまだ伸び代があるということ!サラサラヘアの元になる栄養成分をしっかりとって、強い髪の毛を作りましょう。

髪の毛が強くなる栄養って聞いたことある!タンパク質よね、お肉とか魚とか!

りーちゃん、大正解!髪の毛は爪と同様でタンパク質を主な成分としています。ですから、お魚やお肉をしっかり食べることが大切。他にも、髪の毛の発育をよくしたいならヨードという成分、つまりわかめなどの海藻を食べること。ツヤを出したいならコラーゲンをたくさんとりましょう。

なるほど、よくわかったわ!明日から3食わかめスープ飲んじゃうんだから!

栄養バランスも気にしてくださいよ。体が弱ってしまっては元も子もないですから。さあ、最後はみんなが気になる白髪の話です。

黒髪と白髪のちがい

髪の内部には必ず、色素が入る「ホール」と呼ばれる部分があります。ストローのようなものですね。本来、毛根で生まれた瞬間の髪色は半透明、あるいは透明なんです。色素細胞(メラノサイトと言います)で作られたメラニン色素が、そのストロー部分に入ることで黒髪になります。例えるなら半透明の白いストローで、コーヒーを飲むと、ストローは黒っぽくなりますよね。これが黒髪の状態です。飲まないときはそのまま半透明ですから、これが白髪の状態というわけです。

この話、なんか聞いたことあるかも。黒髪に戻る方法はまだ解明されてないんだよね…?

その通り。メラニン色素がなくなる要因は、加齢やミネラル不足、生活習慣、ストレスなどさまざまなものがあります。しかしこれら全てを克服したからといって、黒髪に戻るという事実は現在ありません。現在研究中ですが、りーちゃんが大きくなった時には、もしかしたら白髪がない世界になっているかもしれないですね。

さあ、今日のまとめです。

まとめ
髪の毛の秘密って意外とたくさんありますよね。いつまでも綺麗な黒髪が続くといいのですが…そうはいかないのが人生です。今あるものを大切に、ヘアケアは怠らず、美髪を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。